実際はどうなの?のぼりの集客効果とは?

のぼりのメッセージは「短く目立つ」大事です。

一般的な集客のための販促物としての「のぼり」がありますが、集客効果を高める為には、伝えたいメッセージは「短く目立つ!」を心がけるのがベターです。欲張って、多くのメッセージやイメージを入れてもお客様に伝わりません。例えば「大売り出し中」とか、「本日限定」とか、「本日9時開始」など、ぱっと見ただけで、お客様に内容が理解できるようでなくてはいけないという事です。その為にも、のぼりのデザインに使う色は「目立つ配色」が必要です。一番目立つ配色は、赤字に色文字という単純な配色だったりします。あれも、これもと色を使って派手なのぼりを制作するとせっかくお客様に伝えたい、目立たせたいメッセージが埋没してしまいます。

目立つ、その続きを考えてますか?

さて、のぼりの集客効果をあげるための基本的なデザインについて書きました。目立つ=お客様の注意を引く=立ち止まる、ここまでで、のぼりの集客のための仕事がおわります。このあと、具体的なメッセージの掲示をお客様に対してする必要があります。例えば、のぼりに「本日限定」とあり、店内を見るとさらにお客様を店内へ導く仕掛けとして「100名様○○○円値引き」とあれば、なんだおろうとお客様を店内へ引き入れることが可能になります。ここで終わりません、もっと具体的な本日限定の商品情報がわかるチラシ等を来店されたお客様に手渡すことが大事です。このようなステップを考えてから各段階に合う販促物を制作したほうがより効果的な販売を行う事ができます。最後に、セールが終わったら速やかに、のぼりをはじめとする販促物は撤去、店頭が汚いままでは通常の営業にも支障をきたしますので、お忘れなく。

© Copyright Ads Banner. All Rights Reserved.